施工事例

堺市のキッチンリフォーム施工事例

明るくゆったりと作業のできるキッチン

暗さにお悩みであったキッチンをリフォームしました。備え付けであった大きなカップボードを撤去し、新たに家電収納付のカップボードを設置しました。冷蔵庫を移動した分キッチンの幅を広くし、ゆったりと作業ができます。
イメージ
建物
戸建
築年数
不明
施工地
堺市
工期
5日間
施工金額
170万円
施工内容
キッチン交換 床張替え クロス張替え
商品
<キッチン>
クリナップ ステディア
扉カラー:パティナオパール
天板:セラミックワークトップ クレタ
取手:ロングバーシルバー
フラップアップ収納:Panasonic

<カップボード>
Panasonic ラクシーナ
扉カラー:ラインホワイト柄
取手:アルミライン取手 シルバー

<内装>
アクセントクロス:サンゲツ ATS-532
ベースクロス:サンゲツ 77-2035
天井:サンゲツ 77-2041
フロアタイル:サンゲツ WD965

ビフォー・アフター

冷蔵庫収納を撤去した分キッチンの幅を広くし、広々と作業できるようになりました。
リフォーム前
明るくゆったりと作業のできるキッチン施工後イメージ1
本来冷蔵庫を収納するスペースに買い替えた冷蔵庫が収まらず、キッチンの前に置いていました。
リフォーム後
明るくゆったりと作業のできるキッチン施工後イメージ1
冷蔵庫を移設したため元々設置していたスペースの壁を解体し、その分キッチンの幅を広くしました。
天板の上に物を置くとリビングから見えてしまうため、Panasonicのフラップアップ収納と水切りを取付けました。すっきりとして見え、効率的に収納できます。
リフォーム前
明るくゆったりと作業のできるキッチン施工後イメージ2
リビング側にカップボードと一体化した壁があり、家電やキッチン用品を収納していました。
リフォーム後
明るくゆったりと作業のできるキッチン施工後イメージ2
フロア部のカップボードを設置し、隣に冷蔵庫を置きました。壁はキッチンの天板が見えない腰壁まで高くしました。
リビングからの見え方にこだわったキッチン

壁に備え付けてあったカップボードを撤去したため、リビングからキッチンが見えるようになりました。そのため、すっきりとした見た目にこだわったキッチンをプランニングしました。

①吊戸棚下の収納
吊戸棚の下にPanasonicのフラップアップ収納と水切りを取り付けました。フラップアップ収納にはお料理に使う調味料などを、水切りには洗った後の食器などを入れることができるので作業がスムーズに行えます。フラップアップ収納を取り付けることで、カウンター上がスッキリとしお料理の作業効率アップにもつながります。

 


②腰壁まで高さを上げた壁
キッチン用品をすっきり収納するため、カップボード内に電子レンジを収納できるようにしました。炊飯器と湯沸かし器はカップボード上に設置しましたが、腰壁の高さを調整してリビングから見えなくなるようにしています。

キッチン側から見た写真               リビング側から見た写真