施工事例

大阪市都島区のその他リフォーム施工事例

段差を解消してバリアフリーに!明るく開放的な洋室

老朽化した和室をダイニングをシンプルモダンな雰囲気の洋室に改装しました。
ダイニングとリビングの間の敷居を無くして安全で快適な空間へと生まれ変わりました。
イメージ
建物
マンション
築年数
35年
施工地
大阪市都島区
工期
2週間
施工金額
117万
施工内容
その他
商品
フローリング:ダイケン ハピアオトユカSF45 ミューズホワイト
扉シートのカラー:クリエダーク

ビフォー・アフター

リフォーム前
段差を解消してバリアフリーに!明るく開放的な洋室施工後イメージ1
以前は和室でした。
リフォーム後
段差を解消してバリアフリーに!明るく開放的な洋室施工後イメージ1
床や壁、建具とすべてホワイトでまとめ、とても明るいイメージになり、広々とした開放的な印象に。
リフォーム前
段差を解消してバリアフリーに!明るく開放的な洋室施工後イメージ2
和室だったところは、襖で仕切られていました。
リフォーム後
段差を解消してバリアフリーに!明るく開放的な洋室施工後イメージ2
襖はホワイトの壁紙を貼って明るい印象になりました。
造作扉の上からダークなお色のシートを施工し、空間のアクセントにすることでシンプルモダンな雰囲気に仕上がりました。

お客様のご要望

・将来を見据えたバリアフリー仕様にしたい
・床が寒くて老朽化してきたので、明るい洋室に替えたい

コメント

施主様ご自身で和室の畳処分し、ホームセンターで購入したフロアマットを上から貼って洋風のお部屋になるよう工夫されていました。
ただ、フロアマットの下は直にコンクリートの床になっているため、床が寒くて凸凹した状態でした。
また、床と敷居に段差が生じているため、つまずきや転倒の恐れもあることから、将来を見据えたバリアフリー仕様の洋室にリフォームしました。

お客様のイメージは、“エレガントでモダンな雰囲気の洋室”。
リビングとその隣の部屋全ての内装をホワイトに統一し、建具は落ち着いた色味を選ばれました。
白と黒のコントラストが際立つ、上品さと清潔感のある洋室に生まれ変わりました。

ダイニングとリビングの間の敷居や和室の入口の敷居を無くし、バリアフリー仕様に仕上げています。
また、ダイニングとリビングの間仕切り戸も撤去し、出入りがスムーズになりました。
施主様より、「寒い中、何度も足を運んでくれてありがとうございます。」と、お気遣いの言葉を頂戴しました。
リフォーム後は快適に過ごされているとのことで、大変喜んでいただきました。

最後に

こちらの施工事例をご覧いただき、お客様のリフォームの参考にしていただけましたでしょうか?

リフォームでお悩みがございましたら、ご相談は無料ですので「無料ご相談窓口」よりお悩みを共有させていただき、一緒に解決していきましょう。

リフォームのお悩みが漠然としている場合、店舗へご来店いただき、展示商品に実際に触れていただくことで、ご自宅のキッチン・浴室・トイレ・洗面などと比較が行えます。また、来店予約を行っていただくとリフォームアドバイザーがご相談を伺いながらアドバイスさせていただいております。
来店予約も無料です。是非リフォームのお悩み解決にお役立てください。

みずらぼ フリーダイヤル0120-320-286[受付9:00~18:00 定休日:水曜日] みずらぼ フリーダイヤル0120-320-286[受付9:00~18:00 定休日:水曜日]